ニュース・お知らせ

Announcements

スマサポが入居者アプリと連携したLINE@チャットボットを開発

2019.06.27

プレスリリース

スマサポが入居者アプリと連携したLINE@チャットボットを開発
"たくトンサポート"6月27日(木)より利用開始

~問い合わせをチャットが自動対応し業務効率UP&入居者満足度を向上~

 不動産管理・仲介・開発など不動産業界を中心にライフサポート事業を行う株式会社スマサポ(本社:東京都、代表取締役:小田慎三、以下「スマサポ」)は、スマサポが提供する入居者向けプラットフォーム「スマサポ入居者アプリ(仮)」と連携した、LINE@のチャットボット"たくトンサポート"を6月27日(木)にリリースしました。

 たくトンサポートは、スマサポの自社開発アプリ「スマサポ入居者アプリ」と連携したLINE@のチャットボットです。入居者から送られる入居中のトラブルや管理会社に対する質問に対し、宅都グループの公式キャラクター"たくトン"がLINE上で自動返答する事で入居者は迅速に回答を得ることが可能になります。たくトンサポートは入居者からの過去問合せ履歴を元に、300パターンを超える質問内容をチャットボットが解析し、自動的に回答します。入居者は24時間いつでもチャットボットに問い合わせることが可能になり、自動返答によりシームレスに返答を得ることができる他、管理会社側の入居者対応の業務を削減します。

 開発についてはAIや自動認識サービス等を手掛ける株式会社ジーエルシーと共同で行い、文字解析のAI機能部分は日本アイ・ビー・エム株式会社のWatsonを採用しています。これによりカテゴリ毎の問い合わせだけでなくキーワードでの問い合わせにも対応可能となり、曖昧な表現の質問の際にもチャットボットによる適切な回答文の返答を実現致しました。

図1.png

不動産管理業界においては入居中のトラブルや質問・問い合わせについて、直接管理会社宛に電話をかけるアナログな作業が発生しており、今回のチャットボット連携によって管理会社側と入居者側の双方における煩わしさを削減に繋げます。

図2.png

今後もスマサポは入居者の質問に対して、より分かりやすい説明を行う為に、設備の使用方法等の画像や動画を用いたコンテンツを充実させ、より具体的な返答を実現するとともに、入居者アプリ内でもチャットボットによる問い合わせ回答の自動化や効率化に繋げて参ります。


■株式会社スマサポ
大阪府・東京都を中心に賃貸マンションの募集・管理を行う不動産企業の株式会社宅都ホールディングスの子会社で、不動産資産価値の向上、入居者メリットの拡大、業務効率化といったテーマに対し、既存商品・サービスを更に深堀する新しいビジネスモデルの構築や、IT技術を活用した仕組みの提供など、不動産管理会社、不動産仲介会社に対して新しいスマートなサービスをお届け致します。

名称:株式会社スマサポ
本社所在地:東京都中央区日本橋2-3-21八重洲セントラルビル3F
代表者:代表取締役社長 小田慎三
設立年月:2015年10月
資本金:10,000,000円
ウェブサイト:https://www.sumasapo.co.jp/
事業内容:住まいや暮らしに関するライフサポートサービスの提供と不動産プラットフォームの開発

ニュース・お知らせ 宅都ホールディングス 不動産管理・賃貸・住まいと暮らしの住総合企業

宅都ホールディングス、宅都(タクト、たくと)グループは大阪府大阪市に本社を置く住まいと暮らしの不動産総合コンサルティング企業です。プレスリリースやニュース、お知らせ情報はこのページに掲載しています。住コンシェル宅都やミニミニFCによる賃貸物件や賃貸マンションの募集や紹介、お部屋探しのサポートや、宅都プロパティの不動産管理事業、収益不動産の開発や売買、保険、家賃保証、入居者向けのライフサポートに至るまで、入居者と不動産オーナーをトータルにサポートする住総合企業です。賃貸マンションやアパートの入居者募集や建物管理、お客様にはお部屋探しや物件の仲介、入居後のライフサポート、また不動産の購入や売却のサポートなど、住まいや暮らしに関するサービスを提供する総合コンサルティング企業です。