株式会社宅都プロパティ 業務管理部
野中 圭太 KEITA NONAKA

更なる成長のための時代に合わせたソリューション部門について

ソリューション部には「不動産開発事業」、「国際事業」、「学生事業」の3つの部門があります。 ソリューション部門は、時代の変化に合わせて提供する商品やサービス、ターゲットを変えながらも、根底にある長期で不動産オーナー、入居者もしくは利用される方には満足いただける商品・サービスの提供をするという軸はぶらさずに、変化の激しくなるこれからの時代でも成長していく部署を目指しています。して売る、貸すではなく、不動産にサービス(ソフト)を付属させたり、特定少数に向けてニーズのある商品の開発を行うなど将来を見据えた不動産開発をしていきます。

TIME SCHEDULE

  1. 9:30
  2. 10:00
  3. 10:15
  4. 10:30
  5. 11:00
  6. 13:00
  7. 14:00
  8. 17:00
  9. 19:00
  10. 19:30
  1. 出勤
  2. 朝礼
  3. メールチェック
  4. 担当部門の
    状況確認
  5. 顧客対応
    (来客・訪問)
  6. 昼食
  7. 物件調査
  8. 市場調査
  9. 社内打ち合わせ
  10. 退社

新体制責任者としてのビジョン

ソリューション部が今後目指していくことは、まず目の前の業績目標を確保するという短期的なことを確実にしつつ、5年先、10年先を見据え今から取り組まなければいけないことを同時並行でしていくことです。 また同時に重要なのは社員の教育です。会社や社会が変化していく中、働く社員自身も変化する必要があります。成功体験に安住せず、変化するための考え方や仕事の進め方、営業先などを変えていく必要があります。場合によっては新しい分野の資格をとるなど社員自身にも変化に対応できる人材になれるよう教育し育てることも重要だと思っています。

あなたにとって宅都とは?

楽しい時間と仲間を提供してくれる場所と思っています。 私は中途入社で過去に数社で勤務しております。その中には世間では大手と言われる会社や、途中で倒産した会社もあります。 そうした私の経験上、部署を超えた仕事ができる、新しいことにチャレンジできるという環境は非常に恵まれていると感じています。もちろん自分が経験したことのない仕事や一から事業を作り上げていく仕事はしんどいことも多く大きなプレッシャーもかかりますが、自分達で作り上げるという時間を持て、楽しいこともあります。 縦割りになった会社や、体質の古い会社ではこういう環境は味わえないのだろうなと思うと、楽ではないけど自分自身の成長や責任を感じられ、やりがいを感じさせてもらっています。宅都はそういう環境を提供してくれる場所だと思っています。

INTERVIEW

  

新卒・中途採用情報