不動産コラム【第5回】

宅都不動産投資コラム

第5号

11月5日号

宅都不動産投資ご登録会員の皆様

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

不動産に関するコラムを発信させていただきます。

第5回目は「賃貸付け」です。

収益不動産では利回りや家賃相場が注目されることが多いですが、
重要なことは購入した後にきちんと賃貸付けができるかどうかです。

当社はグループ会社でマンション管理部門と賃貸仲介店舗を展開して
おります。
マンション管理は管理戸数約22,000戸(全国第38位)、賃貸仲介店舗
は大阪市内・北摂を中心に約30店舗を展開し、年間賃貸仲介件数は
約16,000件(全国17位)の実績があります。

当社以外にもたくさんの不動産会社はありますが、売買仲介とマンシ
ョン管理、賃貸店舗を直営している会社は数少ないと思います。

そんな当社が、不動産投資で考えるのは購入された後の賃貸付けです。
利回りが回っていても購入後もしっかりと賃貸付けできる物件でなけれ
ば収入はどんどん下がってきます。

不動産投資で一番大事なのは買った後にちゃんと賃貸付けができるかど
う、ここが一番のポイントになります。

当社は直営の賃貸仲介店舗を運営しておりますので、賃貸の現場の声を
賃貸付けに活かします。

おなじ面積、同じような築年、立地の部屋であっても間取りによっては
賃貸付けの競争力の差ははっきりとあらわれてきます。

とくに最近ではインターネットで部屋の画像がたくさん見れます。
賃貸のお店や物件の現地に来なくてもかなりの情報がインターネットか
ら取得することができます。
ですが、賃貸のお部屋探して最後には現地を確認して部屋きめをします。
そのときに使い勝手の悪く、家具などの配置のイメージがうまくできない
部屋は決まりが悪くなり、ほかの部屋にお客様が流れてしまうことがよく
あります。

このように、不動産投資では購入された後の運営が一番大事になって
きます。
当社はグループ会社の管理部門、賃貸部門と共同して投資家の皆様の
不動産投資のサポートをいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

宅都不動産投資
スタッフ一同

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る