ガバナンス

Governance

リスクマネジメント

宅都グループはリスクマネジメントへの取り組みをCSRの重要課題のひとつと捉え、企業活動におけるリスクを排除し、安定した基盤を構築するために各事業部のリスクマネジメントを推進しています。

リスクマネジメントの取り組み

各事業単位で率先して取り組むべきリスクを分析し、リスクに対する防止策・低減策を検討し推進しています。リスク事案が発生した場合は、各事業責任者が中心となり適切な対応をとれるよう組織体制を整備しています。
宅都グループでは、宅都ホールディングスの内部統制管轄部署が各事業部やグループ会社と連携し早期分析におけるリスク回避等のリスクマネジメントを行っています。

リスクに対する対応

トラブルやリスクに対して迅速に対応することを目的として、リスクを発見、または予見した際には内容を早急に報告し、内部統制担当者へ情報が伝達される体制を整備しています。

宅都グループはリスクを下記のように定義し、未然防止策の策定を行っています。

企業リスク

事業・投資リスク
信用リスク
情報セキュリティリスク

事業部固有リスク

法令リスク
雇用リスク

BCP対策

地震や災害に対するリスクを最小限に抑え、企業活動及び従業員の災害対策としてBCPの見直しを適宜行っています。
耐震設備の設置やサーバールーム等の防災設備、加えて飲水や非常食などの備蓄など、災害に対しての準備を行うほか、緊急時の対策方法や手段等を取り決めています。

情報セキュリティ

宅都グループは、不動産を通じて物件情報等のデータをインターネット等を通じて提供し、仲介契約や不動産管理事業ではお客様からお預かりする個人情報を含めた様々な情報を頂いて管理しています。その為、適切な情報管理体制の構築とセキュリティ対策、また従業員に対する教育の推進が求められています。

情報セキュリティ体制

情報機器等のセキュリティのガイドラインを策定し、情報データの保護を行うほか、セキュリティレベルの策定やセキュリティエリアの区分、サーバーやデータへのアクセス権の設定等、情報を取り扱う上で必要になる設備や規定を設けています。
機密となる情報に対しては管理ルールを周知徹底し、各部門の情報管理状況を定期的に分析をし、必要に応じて情報セキュリティ強化のための施策を迅速に取り組む体制を整備しています。

個人情報保護指針

宅都グループは様々な事業活動を行う上で、多くのお客様や従業員の個人情報を取り扱うため、個人情報の取扱方針(セキュリティポリシー)を策定し、個人情報の保護に努めています。

従業員教育

宅都グループでは、情報セキュリティや個人情報の取扱に関する従業員教育を行っています。新入社員の入社時を含め、従業員は適宜情報セキュリティやコンプライアンス、個人情報保護に関する社内ルールや規定の把握を行い、必要に応じて教育を行っています。
不動産管理事業など特に個人情報を多く取り扱う部門においてはセキュリティリスクを把握した上で、最適な情報管理を行う体制と、情報管理に対する管理責任者の設置等を推進しています。

プライバシーマークの取得

宅都グループではグループ各社のプライバシーマークの取得を推進しています。
2015年度には宅都リアルエステートがプライバシーマークを取得しました。
2016年度以降もグループ各社へのプライバシーマーク取得を推進し、個人情報に関するセキュリティ体制の強化を図ります。