従業員とともに

Along with employees

宅都グループは、
従業員の働き甲斐と
仕事への誇りを
持てる職場環境の実現のために、
人材育成や労働環境の整備を
行っています。

社員満足の向上

従業員がワークライフバランスを維持しながら効率よく仕事に向き合うことが出来るように、宅都グループでは基準となる年間休日制度の導入や不要な残業の削減などを推進し、働く環境の整備を行っています。従業員が休日や仕事外の時間を有効に使えるよう有給休暇の維持やノー残業デーの設定を行い、そうしてできた時間を家族と過ごしたり資格取得と言った自己成長のために有意義に活用できるよう整備を進めています。

有給休暇取得の推進

昨年は有給休暇の取得率を上げるために、本社でチームを立ち上げ、各店にヒアリングを実施しました。
責任者からの考えや意見も吸い上げ、有給取得のルールを策定しました。
ルールの策定は容易ですが、ルール通り運用することと、ルールの周知が今後の課題です。
有給取得率が低いという業界の常識を取っ払い、『本当に必要な時に有休が取れる』という風土を確立するための今後も活動を続けていきます。

ノー残業デー

毎週水曜日をノー残業デーに設定し、より仕事への集中力を高め、短時間でハイパフォーマンスを生み出す意識がついてきました。
時短への意識改革は、OFFを充実させ仕事に集中できる精神状態を作り上げます。

女性委員会の設置

宅都グループでは、女性が働きやすい職場を目指して、社印満足度向上の一環として女性に特化した活動をしております。

セクハラ対策委員会の発足と啓蒙活動

セクハラ対策委員会の設置及びガイドラインなどを周知、徹底し、全社員対象にセクハラ検収を実施することで、全社員のセクハラに関する知識や、セクハラを失くそうという意識の向上に努めています。啓蒙活動を継続していくことで、セクハラのない職場環境や風土作りを目指していきます。

ハラスメント相談室の設置

宅都グループのすべての従業員が個人として尊重され、ハラスメントによる人権侵害の無い環境を維持するために、相談員を決定し、相談窓口を設置しています。
昨今のハラスメントは男性から女性だけで無く、合成同士や女性から男性へのハラスメントも含まれます。定期的な研修や勉強会によりお互いに注意すべき点を確認した上で、気持ちよく仕事ができる職場を目指して活動をしています。

従業員とともに 宅都ホールディングス 不動産管理・賃貸・住まいと暮らしの住総合企業

宅都ホールディングス、宅都(タクト、たくと)グループは大阪府大阪市に本社を置く住まいと暮らしの不動産総合コンサルティング企業です。お客様や従業員、地域社会に対してCSR活動を推進しています。住コンシェル宅都やミニミニFCによる賃貸物件や賃貸マンションの募集や紹介、お部屋探しのサポートや、宅都プロパティの不動産管理事業、収益不動産の開発や売買、保険、家賃保証、入居者向けのライフサポートに至るまで、入居者と不動産オーナーをトータルにサポートする住総合企業です。お客様にサービスを提供する従業員とその家族の幸せのために様々なCSR活動を行っています。賃貸マンションやアパートの入居者募集や建物管理、お客様にはお部屋探しや物件の仲介、入居後のライフサポート、また不動産の購入や売却のサポートなど、住まいや暮らしに関するサービスを提供する総合コンサルティング企業です。